シンガポール

ナビ助!ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに行く(フラワードームの巻)

2017/02/02



♥魅惑のシンガポール♥ フラワー・ドームに行ってみたのだ!

ナビ助は時々、ノンカイを抜けだして色んな所に出没しているのでした。今回は、なんと。

♥ 人気のシンガポール ♥

なのです。

スポンサーリンク




今年2016年で国交樹立50週年なんですよ。それで、日本人にいろいろ特典があったりするんです。今日ご紹介のフラワードームでもイヤホンセットになった「オーディオツアー」なるものを通常4シンガポールドルでレンタルですが、無料で貸し出してもらいました。このクーポン券が要りますからダウンロードして印刷して持って行ってね。【クーポン券のダウンロードはこちらで】

※残念ながら国交樹立50周年のこの企画は終了しております。(2017年2月現在)

行き方:シンガポールはベイフロント駅で降り、地下通路をどんどん歩きます。結構長いね。表にでると下の看板が!おー到着か。

img_3980

とおもいきや、こちらのシャトルに乗って行くらしい。このシャトルに乗る前にまずチケットを買うのに並びます。2シンガポールドルで2回乗れるのね。つまり行きと帰りですわ。ちなみにフラワー・ドームとクラウド・フォレストのセットチケットで入場料は28シンガポールドルです。(2016年9月現在で2,200円位)

img_3984

シャトルの最後部座席は後ろ向きの座席になってました。

後ろの景色サイコー

マリーナ・ベイ・サンズがみえとるやん!!

手前はスーパーツリーや!

img_3988

と言っているうちに、フラワー・ドームに到着。ちょっと帰りの時の写真なので、暗くなっちゃいました。img_5596

ビジターセンターでオーディオツアー日本語ガイドセットを借りよう

チケット売り場向かいのビジターセンターで冒頭の”オーディオツアー”を無料でお借りしようと思い施設に入ります。

実は、ナビ助はここでiPadにダウンロードしたものを画面上で見せたのですが、それではダメだと。係のおねえさん。困り果てた挙句の会話がこれ。

ナビ助:えー、どーしよう。

おねえさん:じゃ、それをEメールで送ってください。

ナビ助:ん?送ってどうすんの?

おねえさん:うちのPCであなたのEメールにログインして、うちのプリンターから用紙を印刷しなさい。

ナビ助:へ?そんな事やってくれるの。ありがとーーーー。だはは。

って感じで何とかプリントし、それでOKになったのです。料金的には大したことは無かったのですが、せっかく下調べしてダウンロードして持って行っていたので、なんとか使いたかっという心理です。ごめんなさい。おねえさん。そして、ありがとう。素晴らしいシンガポールの親切な方。これでナビ助の中ではシンガポールの印象が急上昇!!

いそいそとドームの中へ。

 

スポンサーリンク





フラワードーム内はこんな感じ

わぁお~(゜o゜; お花の宝石箱や~

img_3999

ドームの中に世界中のお花が見事に並んでおります。シンガポール熱帯なんですけど、この中は涼しいですよー。これなら暑い日中はここにいるほうが良いですね。南アメリカとか南アフリカとか普段見れないような植物が所せましと並んでおります。

 

魅惑のお花たちをご紹介

きゃーかわいー(^o^)

と言いたくなるような花があったりします。

img_4026

それにしても、見事。

img_4075

ひとつひとつの花になかなか個性があるんですよね。ナビ助はそんなに花を見るのが好きってほどじゃないんですが、ここの花たちには目を奪われましたわ。必見ですよ。

皆さんはどんなお花が好きですか?

 

まとめ

なかなかの規模ですし、暑い中ウロウロするよりはここでまったりとするのがおすすめ。とってもいい場所ですよ。

お借りしたオーディオツアーのおかげでありがたい説明を日本語で聞くこともできました。シンガポールの親切なおねえさん、ありがとう。

 

詳細

  • 滞在時間:60分~90分 お花好きならもっと長いかも?
  • 料金:クラウドフォレストのセットで大人28シンガポールドル(2,200円程度)、小人(3-12歳)15シンガポールドル
  • 時間:毎日午前9時から午後9時
  • 公式サイト:http://bit.ly/rategardens

 

 

次はおとなりのクラウド・フォレストへ。ここはまた明日へつづく。

スポンサーリンク






-シンガポール
-,