日本

石垣島から船で行くなら、西表島と竹富島どっちが楽しいか検証してみるの巻①



 答えはどっちも楽しい

なのですが、これで終わるわけにもいきませんので、敢えてここは比べてみることに。

ナビ助が西表島、竹富島に行ったのは2012年なので最新の情報がある方は付け加えてくださいな。写真もその時のモノ。内容はあくまでも私見です。個人的主観が甚だしいのですのでご了承願います。

どんな評価基準なの?

評価としては

  1. 行きやすさ(フェリーの料金や本数)
  2. 見どころ(観光地やツアー等)
  3. 海の綺麗さ(海水浴場やシュノーケリングのしやすさなども)
  4. どんなホテルあるの?

行きやすいのはどっち

赤いポイント地点が竹富島です。石垣島から近いですよね。

竹富島への行き方

竹富島までは安栄観光のフェリーがありますね。同じ乗車券で八重山観光フェリーにも乗れます。値段も一緒なんで。

所要時間は10分から15分。近っ!!

 

石垣島 ⇔ 竹富島

  • 大人料金[税込み]※12歳以上- 片道600円、往復1,150円
  • 小人料金[税込み]※6歳~11歳-片道310円、往復590円
  • 身障者割引[税込み] 片道310円、往復620円

時刻表はこんな感じ(安栄観光と八重山観光混じってます)

07:30(こちらは石垣発) 07:45(こちら竹富発)
08:00 08:15
08:30 08:45
09:00 09:15
09:30 09:45
10:00 10:15
10:30 10:45
11:00 11:15
11:30 11:45
12:30 12:45
13:30 13:45
14:30 14:45
15:00 15:15
15:30 15:45
16:00 16:15
16:30 16:45
17:00 17:15
17:30 17:45

西表島への行き方

西表島は石垣島と同じ位の大きさ (正確には西表が289.3km²で、石垣島が222.63km²なので西表が大きいのだ)

西表島には上原港大原港とがありちょっと値段が違ったりする。グーグルマップで言うと上に水色点線がつながってる方が上原港で(上が上原と覚えやすい)下につながってるのが大原港。

石垣島から大原港行き(下の港)

石垣島 ⇔ 西表島 大原港

直行の場合約35~40分、竹富島経由の場合約50~55分

  • 大人料金[税込み]※12歳以上 片道1,570円、往復2,980円
  • 小人料金[税込み]※6歳~11歳 片道790円、往復1,500円
  • 身障者割引[税込み] 片道790円 往復1,580円
石垣発 大原発
07:10 07:50
08:00 08:45
08:30 09:30
08:40 -
09:40 10:30
11:00 12:30
12:00 -
13:00 14:00
竹富経由(不定期)
- 14:30
竹富経由
14:40 15:30
16:10 17:00
16:40 17:30

石垣島から上原港行き(上の港)

石垣島 ⇔ 西表島 上原港

  • 大人料金[税込み]※12歳以上 片道2,060円、往復3,910円
  • 小人料金[税込み]※6歳~11歳 片道1,030円、往復1,960円
  • 身障者割引[税込み] 片道1,030円、往復2,060円
石垣発 上原発
07:10 08:00
08:30 09:30
09:30 10:30
鳩間経由
10:50 12:00
13:30 14:30
15:30
鳩間経由
16:40
16:40 17:40

上の上原港と下の大原港どっちがいい?

実は、上原港は欠航が多いんですよ。実際ナビ助の時も欠航しました。さらに上原はフェリー値段も高いし。

良いホテルや観光地が多いのは上原港なんですけどね。それで、基本は大原に上陸しやまねこレンタカーなどを借りて、上の上原へ向かって観光して行けばいいんじゃないでしょうか。(やまねこレンタカーは上原で乗り捨て無料ですから便利)

結論!行きやすいのは、西表と竹富島のどっちなのか?

近くて安いのは断然、竹富島です。西表島まで行くと、風が強い日などは欠航などもありますから、最悪2,3日泊まる覚悟がいるかもしれませんぞ。行きやすさ、帰りやすさ、かかる時間や往来の船の本数など、どうみても竹富島の勝利ですね。

 

見どころは?観光名所などを考慮してみる

さて、ここからは見どころを比べましょう。

 竹富島の見どころは?

竹富島は雰囲気のある島なんですよ。ですから、ビッグな施設は特にありません。とにかくココにしか無い島の雰囲気をたっぷりと楽しみましょう。いわば街そのものを見て回るのが良いかと。レンタサイクルがあちこちにありますから。お借りしちゃいましょう。

レンタサイクル 友利観光 1時間300円、1日1500円。他にもありますが、だいたい値段はどこも一緒です。

竹富散策

のんびりとした石づくりの狭っこい道を自転車で走っていると水牛の車に出会うこともしばしば。道をゆずります。水牛車に乗って観光もできるよん。(新田観光)大人1200円、子供600円

なんとなく愛らしい水牛ちゃん。

なごみの塔

そんな大きな塔じゃないんです。人がふたりくらい立つのがやっと。ほぼハシゴを上がる感覚で地上6mのコンクリート建造物。でも上がってみると竹富の赤いレンガのお家がぐるっと見渡せるのでおすすめですよ。

西表島の見どころは?

これは島の大きさが違いますので当然ながら西表島のほうがいっぱいあるんですよ。

 

仲間川でマングローブ林を見学

西表島はマングローブ林が日本一生えてる場所ですから。このマングローブ林が左右にびっしりとある仲間川のクルーズを楽しみましょう。(仲間川マングローブクルーズ 大人1540円、小学生770円)カヌーツアーもあるようです。

仲間川の中流あたりにある日本最大のサキシマスオウノキは迫力満点。

スポンサーリンク




由布島で水牛車

竹富が街並みを水牛車で見て歩くなら西表は海を水牛車で渡ることができます。

由布島そのものは亜熱帯植物園となっています。料金は大人1,400円、子供(小学生まで)700円。15分おきに出発してますよ。

見どころ満載なのはどっち?

これは皆さんもおわかりの通り、西表島の勝ちでしょう。島の大きさが違いますのでツアーも沢山あります。竹富島も雰囲気をのんびり楽しみたい方にはちょうど良い大きさですけどね。

 

まとめ(PART1)

ここまでの対決はいかがでしたか。行きやすさでは竹富が、観光では西表となりました。(個人の主観です)1:1ですね。

さて、残るは海岸対決とホテル対決です。長くなりましたので、パート2でお届け致します。乞うご期待!

ここまでご覧下さり感謝いたします。

 

 

スポンサーリンク




-日本
-, ,