クアラルンプール

マレーシアKLIA2の地階フードコートで悩みつつランチを食べてみた


 海外のフードコートって仕組みがわかんない【KLIA2】

 マレーシアでのお話。クアラルンプールに到着して使う空港が、巨大な「KLIA」と2014年5月にできたLCC用のこちらもやはり巨大な「KLIA2」というターミナル。お店も充実してるし、やたら広い空港。そして今日は、「KLIA2」の地階にあるフードコートのご紹介です。

ちょっと地元っぽい雰囲気で入りづらい感じあるんですけど、好奇心旺盛なので行ってみることに。写真にあるようにパープルのバックに白抜きの番号が1から5まで並んでる。下の写真では1と3くらいしか見えませんが、これが5まで続いてるんですね。

普通、フードコートは一店舗で完結するところが多いよね。だけど、見てるとここは、1番でトレイやら皿、フォーク、ナイフとかを受け取って2番で料理をよそってもらってるのね。3番ではドリンクかな。

どうやら2番はカレー料理、3番はドリンク、4番、5番はわかんないけど、他の料理だと思う。

img_5968

こうやって見ると広いフードコートですよね。1番から3番まででよそってもらって、最後に真ん中のオレンジ色のブースで料金を払うという仕組み。

img_5975



スポンサーリンク




 

そんでもってナビ助もわからないなりに1番で皿を受取り、2番へ。そこで中の人がわからないマレー語で尋ねてくる。しかも早い。中にたくさん料理が並べてあって、自分が取るんじゃなくて、中の人が取ってくれるシステムなのね。

カレーはどれが良いかって聞いてるようだけど、どれが良いかなんて分かんないから「ノースパイシー」って言うくらい。あと2品までトッピングできるらしいが、そんなことも知らずに尋ねられて食べれそうだなと思ったら「イェス、イェス」と言っていて出来上がったのがコレ・・・・・なんじゃいこりゃ。

img_5970

そして、3番ブースでドリンクを。パインラッシーにしてみる。注文すると目の前でパインを切ってジューサーへ。2~3分ほどで完成。

img_5972

言われるままに頼んで料金も言われるままに支払いました。もう急かされて幾らだったかも分からず払いましたが、だいたい500円くらいの料理だったと思います。ジュースは別で。

img_5973

これ、イカのカレーなんですよ。(↑)イカがゴロンと入ってるんです。なんか美味しいって言えば美味しいけどまるごとカレーに入れて食べる習慣はありませんからねー。カレーそのものの辛さはノンスパイシーって言いましたから、そうでも無かったです。

img_5974

そして、エビのフリッターって言うんですかね。こちらもパリパリして美味しかった。黄色いのはキャベツの漬物みたいなやつ。そして、チヂミみたいのがセットになってました。優柔不断なんで、言われるままに盛り付けてもらいました。

ちょっとマレーシアってナシゴレンやナシレマもそうですけど、ごちゃまぜ料理が多いんですよね。↓ナシゴレン【この記事はこちらIMG_5845

そういう文化なんですね。全部、見た目はアレですけど味は旨いですよ。

ごちそうさまでした。

 

スポンサーリンク


-クアラルンプール
-,