クアラルンプール

プラナカンのニョニャ料理を食べよう!(プレシャス・オールド・チャイナ)

2016/08/30

クアラルンプールのおすすめレストラン

ニョニャ料理って聞いたことありますか。”にょろにょろ”の食べる料理ではありません。(当たり前だ。くだらん)プラナカン(解説しよう:つまり中国から移住してきた男性とマレーシア現地の女性との間に生まれた人たちの子孫のことを指す)の女性が作ったマレー料理と中華料理の合体したここならではの料理なんですわ。

そんなニョニャ料理のお店がセントラルマーケットの2階にあります。広いフードコートの端っこの方にあります。その名も、

「 プレシャス・オールド・チャイナ 」

かっこいい名前ですねぇ。ちょっと入ってみましょう。

IMG_5213

そこは、レトロな雰囲気でとっても落ち着きますよ。写真は大人数のテーブルですが、2人掛けの丸テーブルや4人掛けのや様々です。お店はまっすぐ入って中で左に折れていますので、ずんずんと奥に入っていきましょう。手前の方は、4人掛けくらいの四角いテーブルに仕切りが付いた形でした。

IMG_5216

さて、座るとメニューが出てきますね。やっぱりよく分かんない英語と中国語だ。ガイドブック通りの注文という方法に出るしか無いにょにゃ。左の一番上にあたるPie-Tee(パイティー)ってのと、右の二番目のニョニャ・ラクサってのにしました。値段はパイティーが9.8リンギットで300円しないくらい。そしてニョニャ・ラクサは12.8リンギットだから350円位ですかね。

IMG_5214 IMG_5215

まずは、出てきたのがパイティーの方。これは野菜料理なんですな。店員サンに食べ方を尋ねると丁寧に教えてくれます。奥のカップに手前の切り干し大根みたいのをのせて、白ネギの細かいのと、緑のパクチーを載せて赤いタレを最後に載せてパクって食べます。

IMG_5220

具体的には、こんな形に。なかなか美味しんですわ。切り干し大根と外のパリパリの皮が良く合ってまして。ペロッと食べれちゃいます。

IMG_5221

ジャーン

続いて出てきたのがニョニャラクサで御座います。このスープ美味しいんですよぉ。ほとんど飲み干しました。ココナッツミルクが入ってるのかな?コクのある感じで。乗っかってるのは、エビやらきゅうりやら、ゆで卵とお馴染みの具材に加えて、厚揚げのようなのが入ってます。これもなかなか好きですね。見えてませんが、下には丸い太麺が入ってます。麺料理なんです。

IMG_5222

ペロッといただきました。また、行きたいですね。セントラルマーケットの2階ですから、分かりやすいですよ。

-クアラルンプール
-