タイ情報

【初めてバンコク行ったらどこ見て回る】人気のベストスポット②ワット・アルン

2017/09/21






バンコクの人気スポットシリーズ第二弾

今回は三島由紀夫の小説の・・・

バンコク人気スポット「ワット・アルン」

トリップアドバイザー様より)

チャオプラヤー川の向こう岸から夕暮れに見るのがおススメ

高さが67mという大仏塔です

だれが作ったの?

この塔を建てたのは現代まで続くチャックリー王朝のラーマ〇世ではありません。

創建したと言われているのは、そのラーマ1世が一時期、将軍として仕えたタークシン王という人。

この方中国系でありながらアユタヤ朝出身。なんでも当時アユタヤ王にちょっぴり背いたため、裁判沙汰になります。しかし、そんなチキンな出来事が嫌になりアユタヤ朝を攻撃する側に。

進軍するものの、なんとアユタヤ朝はすでに滅亡しておりました。それで、彼がとったのは1767年トンブリ―に王朝を建てること。晴れて王様になったのです。

その頃に、このワットルアンも建てられたのでしょうね。

余談ですが、タークシン王は自分がアユタヤ人でなく、中国系であることに強烈なコンプレックスがあったようで、これがもとで晩年は半狂乱に!

このご乱心の王を成敗したのが、かつての家臣ラーマ1世だそうですよ。下剋上の世の中だったんですね。

 

 




 どうやって行くの?ワット・アルン

バンコク人気スポット(トリップアドバイザーより)

ワット・アルンに行くには渡し船で行きましょう。

ターティアン船着き場から専用の船が出ています。

片道3バーツですよ。

ワット・アルン【まとめ】

今や、バンコクのシンボルともなっているワット・アルン。実は10バーツ硬貨にもなっています。

ワットルアンなんかカッコよい10バーツ硬貨

ワットアルンを舞台にした三島由紀夫の「暁の寺」を含む最後の作品豊饒の海」

この全体の最後のページを投稿し、三島由紀夫は割腹自殺するのです。

😱ヒエー

くれぐれも自殺はやめましょうね。




-タイ情報
-,