会議用カメラおすすめ【Meeting OWL】帰省できない家族も使えるね

おすすめノートパソコン

おすすめの会議用カメラをお探しですか?

あるいはコロナで帰省できないご家庭でのZOOM用カメラ?

お爺ちゃんお婆ちゃんとZOOMで帰省???

孫の顔もときどき見せたいですよね。

ガイヤーンも普段、親とはタイと日本で離れて暮らしてるので、こういうのが有るとスッゴク便利だ!

離れた家族が心置きなく会話できるなんて!!

多くの悩みを解決してくれるカメラが登場です。

その名も・・・・・

「Meeting OWL Pro」

(ミーティング オウル プロ)

いったいどんなカメラなんでしょう???

スポンサーリンク

Meeting OWLとは?

この動画でかなりお分かりいただけるのでは・・・・

東京03の角田さんが頑張ってやってくれていた作業を・・・

Meething OWLがサササッとやってのけるのです。

すごいですねぇ!!!

「360度Webカメラ」

ってやつです。

アメリカのボストンに本社があるOwl Labs社が開発!

それを日本ではソースネクストから販売中でーす!

ソースネクスト
ソースネクスト公式サイトへ

会議室でカメラを発言者へ向ける作業が無くなる!

角田さんのようにテーブルに乗っかって回転するほどの係はいないと思いますが・・・

それでも、なんとなくソッとパソコンを話者に向けたりしてたのでは????

そんな作業ももういりません。

フクロウっぽい「Meeting OWL」

頭の黒い部分が360度カメラなんですって。

体全体がスピーカーなので、みなさんに同じレベルで聞こえます。

マイクも体全体にちりばめられているよう。

5.5m以内なら確実に声を拾うことができます。

これ会議だけで使うのじゃもったいないよね。

家庭でもすっごくよさげ!!

ガイヤーンみたいに両親と離れて暮らしてるとなかなか帰れないですよね。

ましてコロナだと帰省もできん!

そんなコロナ過の救世主が現れた!!

スポンサーリンク

家族で使おうMeeting OWL

家族団らんを届けたいけど・・・

こんな家族写真ってとっても良いですけど・・・

なかなか普段は4人がくっついて食事しませんよね。

それぞれがテーブルの1辺を独占するものです。

写真取る時だけ4人がくっつきます。

この状態でZOOMしたら・・・・

食べにくいし、会話もしずらい。

すぐに止めちゃうよね。

でも・・・・

「Meeting OWL」(ミーティングオウル)なら・・・・

食事中でも、それぞれが普通にしゃべる姿を届ける事ができるのです。

一人ひとりの会話を逃しません!

喋ってる人の方をカメラが自動に撮らえますから・・・

ポンっと真ん中にオウル君(Meeting OWL)を置いておくだけ。

決定的瞬間も逃しません。

臨場感あふれる家族の様子が届くのです。

家族の場合、これまでは会議のようにPCを向けるというよりは・・・

スマホやiPadでZoomしてたかも?

でも、それなら・・・・

家族がしゃべるたびにスマホをあちこち向けて角田さんのCM状態じゃありません?

カメラをあえて向けられると・・・

緊張しちゃって素で話せませんし。

やっぱり普段の雰囲気を伝えるのが一番!

何気ない子供の表情や会話が親への一番の贈り物。

これでもう・・・

おじいちゃん、おばあちゃんも寂しくないでしょう。

受け手側が、ZOOMをPC経由で大型TVにつないであれば・・・・

まさにそこにみんなが居るかのよう!!!

ZOOMで家族団らんできちゃうって話です。

見え方はこんな感じですよ。

YouTube動画をどうぞ!

上記のYouTubeは会議の様子ではありますが・・・・

家庭内でも同じこと。

5.5m以内の人物なら声を拾うってんですから家庭なら十分!

子供たちがキャッキャッと走り回る姿を追いかけることもできるんです。

画面上部に360度映像を写しつつ・・・

3人いっぺんにフォーカスすることも可能。

しゃべってない人たちの反応もこれでまるわかり!

こりゃいいですね!!!

公式サイトへ ⇒ Meeting Owl Pro(ミーティングオウル プロ)

スポンサーリンク

接続もかんたん!

出典:Meeting OWL公式サイトより

PCにUSBケーブルをつなぐだけ。

こんな簡単な!!!

もちろん、購入したらまず箱から出しましょう(笑)

超かるーーいんです。

本体はたったの1.2㎏

女性でも片手で持てますよ。

出典:Meeting OWL公式サイト

箱から出したら・・・

① ACアダプターを本体とコンセントに接続します。

② USBケーブルを本体とPCにつなぎます。

え????

これだけ????

そう!!!

これだけなんです!!!

PCにソフトをインストールすることもありません。

かーーんたーーん!!!

接続が完了すると・・・・

オウル君の目が光り・・・・

「ホッホー(?)」と鳴きますよ!

フクロウの鳴き声だそう。

でも実は、開発者さんの一人がフクロウの声まねしてるんだって!!!

本体がSP

頭の黒い部分がカメラ

PCにソフトをインストールする必要もない。

会議で使う人、動画配信、お子さんのいる家庭なども良い。

子供のキャッキャ動く姿も追いかける事が可能!

スポンサーリンク

お値段は・・・・

出典:meeting OWL公式サイト

気になるお値段ですが・・・・

税抜き11万5千円という価格です。

正直、単なるWebカメラとして考えちゃうとちょっと高いね!

ですが!!!

「何度でも帰省できるカメラ」だと考えると安くありませんか?

ん?

どーいうこと?

通常、田舎へ帰るには飛行機代、新幹線代、タクシー代など経費がかかりますよね。

例えば家族4人で行って帰ったら?

10万で済みますか?

きっと済まない人も多いかと・・・

ならば・・・

このMeeting OWLに10万ちょっとだせば好きな時に帰省したかのような臨場感を味わえるのです。

一緒に紅白を見て盛り上がったり・・・

一緒に年越しそばを食べたり・・・・

電子的ではありますが、より現実っぽく感じることができるのです。

これは出せるなら買いじゃないでしょうか。

正式な値段は変化することもあるかもしれません。

公式サイトで確認するといいですね。

ソースネクスト
ソースネクスト公式サイトへ(上のバナー)

Meeting Owl Pro(ミーティングオウル プロ)のページはこちら

リンクシェア レビュー・アフィリエイト