【2020‐21最新機種ASUS ZenBook】Flip、S、13のどれが買いなの?

おすすめノートパソコン

2020年から2021年の主流となる第11世代のIntelプロセッサーが登場!

こちらを搭載のASUS ZenBook最新機種が遂に発表になりました!

発売されたのは以下の3シリーズ

  • ASUS ZenBook Flip S
  • ASUS ZenBook S
  • ASUS ZenBook 13

となっているのですが・・・・

いったいどれを買ったらいいのやら???

悩みますよね。

そこでガイヤーンが独自の視点でそれぞれの特徴を教えちゃいます。

さらに、ガイヤーンが海外に持っていくならどれがいいかなって視点でもご紹介。

メーカーのご厚意でFlip Sと13をお借りできましたので、それぞれの使用感レビューもしちゃいましょう。

まずは、ざざッとZenBooKって何って方のために・・・

ASUSのセールはこちら(2021年)

Early Summer Sale(6月30日まで)

icon
スポンサーリンク

ASUSのZenBookとは?

新登場のZenBook

ASUS公式オンラインサイトへ行ってみる

まずは・・・

そもそもZenBook(ゼンブック)とは?

なんぞや???

最初のZenBookから早や10年!!!

まさに日本の「禅」から取られたネーミングもすっかり定着してきましたね。

「禅の精神」をノートパソコンに反映するってことらしいが・・・

その心は・・・・

静かでありつつ革新的とでもいいましょうか。

美しくありなおかつ強く、高性能なPCって感じですかね。

なのでどれもスリムな薄型でして、美しくデザインされたノートPCさん達ですです。

今回の発表された3モデルはどれも13インチ台のモバイルサイズ。

それでいて、最高のパフォーマンスをたたき出すハイクラスマシンなのです。

なので、ZenBookシリーズは海外へもって行こうと考えている人ならどれを買ってもハズレなしと言えそう。

どれも軽量だし!

どれも強いし(耐久性)!!

どれも高性能なんですから!!!

でも、それじゃ話が終わっちゃうので・・・・

どれでも良いって中でも特にどう違うのかをご紹介しますので、ご安心を。

では。。。。

まず、1台1台の特徴をひとつひとつ取り上げてみましょう。

スポンサーリンク

「ASUS ZenBook Flip S」のスゴイとこ!

ASUS ZenBook Flip S

ASUS ZenBook Flip S(有機ELモデル)の値段を見てみる

icon

トップバッターは・・・・

「ASUS ZenBook Flip S」

「Flip S」と名付けられているとおり・・・

こいつのスゴイところは画面が360度回転しちゃうところです。

他の今回発表された2機種は回転しません。

コイツだけなんです。

見てください!

このしなやかさ・・・・

いいですね~

これ使ってみた人しかわからないんですけど・・・・

超便利なんですよぉ。

だってどんな体勢でもパソコン画面を自在に見やい角度にできるんですから。

そして・・・

キーボードが邪魔な時に後ろに追いやれる!!

これはなにより!!

動画配信の時にはサイコーに見やすくなります。

例えば・・・

目の前に邪魔なものがない!

画面は、著作権を侵害しないようにぼかしてあります。

ほんとはチョー綺麗に映ってます!!

だってこのモデルは・・・

4Kなんですよ!!

有機ELディスプレイだし!!

(「Flip S」でもTFTカラーディスプレイで4Kなしのモデルもあるのでお間違いないよう)

これも他の新発売2機種と違う点です。

そんでもって・・・・

タッチパネルとなっておりますので怖いものなし。

ゲームだってやりたい放題です。

タッチすればいいのでコントローラーなしでOK!

360度ひっくり返して使っているとまるで・・・

タブレットなんです。

「2in1タイプ」なのでございます。

更に、タブレットであってもなくても・・・・

付属のペンが使えるって点も違うところですねぇ。

Flip Sにはペンが付属する!

ペンが付属するということは・・・

更にいろいろな事が出来ちゃうはずなのだ。

例えば・・・・

メモも手書きでOK

メモを取るときにタイピングするのは容易ではありません。

でも紙に書くようにペンで入力できるならどうです?

チョー使い勝手がいいですよね。

書いていく端からテキストに変換していってくれますよ!!

これで勉強もはかどる?

更にはお絵描きソフトがあれば・・・

芸術にもチャレンジ!!

今回は、ウインドウズ付属のペイントを使いまして・・・

付属のペンで書いてみたのがこちら・・・

付属のペンで絵も描ける

うーん・・・・

相変わらず小学生レベル。

いやそれ以下か?

ともかく・・・

「ASUS ZenBook Flip S」ならこんな事もできちゃうのだってことです。

これ欲しいですねぇ。

さて・・・・

こちらのポート類を紹介しておきます。

右手側側面には・・・

左が電源スイッチ。

右はUSB3.2(Type-A)

やっぱりこのタイプのUSBが一つあるのは安心ですよね。

Type-AがまったくないPCも増えてますから。

まだまだ主流なんです。

左手側のポートは・・・

上からHDMI、Thunderbolt4(Type-C)が二つ。

そして充電ランプです。

なかなか至れり尽くせりとなっております。

そして、もうひとつ海外などへ持ち運ぶのに電源コードがでっかいのはちょっと問題ありますよね。

こちら「ASUS ZenBook Flip S」の電源はこんな感じ!

これは小さくて軽いのでいいですね。

旅行に持っていくのも苦にはならなそう。

他に付属品として・・・・

Type-Cをイヤホンジャックに変換するケーブル。

Type-AをLAN接続ポートに変換するケーブルもついてます。

こりゃ結構助かります。

さて、全体をまとめるとこんな感じです。

ASUS ZenBook Flip Sの概要

ASUS ZenBook Flip S(有機ELモデル)の値段を見てみる

スポンサーリンク

「ASUS ZenBook 13」のスゴイとこ!

ASUS ZenBook 13

ASUS ZenBook 13の値段を見てみる

さて・・・

次なる新製品は・・・・

「ASUS ZenBook 13」

こちらの特徴は・・・

やはり軽さ!!

1.15Kgしかありません。

(ちなみに「ASUS ZenBook Flip S」は1.22Kg)

これならどこへでも持っていけますよ!

海外へもいいですね。

薄さも特筆すべき点!

13.9㎜の薄さ!!!

(ちなみに「ASUS ZenBook Flip S」も同じ13.9mm)

「ZenBook Flip S」と「ZenBook 13」一見同じ大きさなんですけど・・・

よーく細かく見ると・・・

「ZenBook 13」の方が幅が1mm、奥行が8mm小さいのです。

高さは同じ13.9mmですが・・・・

全体的には、ちょっと「ZenBook 13」の方が小さいのです。

そしてちょっとだけ軽くなってるんでしょうね。

ASUS ZenBook 13

モバイルPCにとって軽さや小ささは正義ですので・・・

こちらのモデルは今回のシリーズ中で最も小さい機種となっております。

そして、お値段的にも一番優しいんですよ!!

普通、モバイルって高くなるじゃないですか。

それが、今回発売された中では最もリーズナブルなモデルなんですね。

ここも他の2機種とは違う点といえますね。

ASUS ZenBook 13の値段を見てみる

ASUS ZenBook 13の右手側ポート

「ASUS ZenBook 13」の右手側ポートには・・・・

USB3.2 (Type-A/Gen1)がひとつ。

その横にうっすらと見えるのは・・・

マイクロメモリーカードスロットです。

これ「ZenBook Flip S」には無かったものね。

やっぱりあると助かります。

こういうのはナンボあっても困らんです(ミルクボーイ風)

「ASUS ZenBook 13の左手側ポートは・・・」

まずはHDMIポートがひとつ。

Thunderbolt4のType-Cが2つあります。

電源もType-Cを併用します。

そして充電ランプ。

この辺は、「ASUS ZenBook Flip S」と同じですね。

付属品もほぼ同じ

付属品も「ASUS ZenBook Flip S」とほぼ同じ。

ただ「ZenBook 13」はタッチパネルではないのでタッチペンはありません。

電源コードもだいたい同じ大きさです。

小ぶりな電源も好印象!!

今回発表の第11世代Intelプロセッサー搭載のZenBookの中では最もスリムで軽いのが・・・

そしてお値段的にもお安くなっているのが・・・・

「ZenBook 13」

なのです。

ASUS ZenBook 13の詳細情報

ASUS ZenBook 13の値段を見てみる

スポンサーリンク

「ASUS ZenBook S」のスゴイとこは?

ASUS ZenBook S

ASUS ZenBook Sの値段を見てみる

最後にご紹介するのは・・・

「ASUS ZenBook S」

でございます。

こちらは手元には実機がないんですが・・・

公表値で比較してみたいと思いますね。

「ASUS ZenBook S」で今回特別なのは・・・・

画面です。

ほかの2機種が13.3インチなのに対して・・・

13.9インチあるのです。

しかも・・・

タッチパッドですぞ!

こりゃ便利だ。

モバイルPCでありながら贅沢な画面を持っているわけです。

大きさは幅306mm、奥行224mm、高さ15.7mm。

なのに・・・・

3機種とも幅はほとんど変わりません。

奥行は「ZenBook Flip S」が211㎜、「ZenBook 13」が203㎜ですので、「ZenBook S」が一番大きいですね。

高さも同じく2機種が13.9㎜なので「ZenBook S」が一番高い。と言っても15.7㎜ですから。

それなのに画面は13.9インチと広がっているのです。

スゴイですよね。

なるべく画面が大きいものを欲しいならコレになりますな。

ちなみに重さは1.35㎏です。

更に「ASUS ZenBook S」は・・・・

3:2の画面比率も独特なのです!

これはASUSのパソコンでも他にはないらしい。

16:9の画面よりも作業効率の良さが際立っているとか。

確かに横に広いよりも縦に広い方が作業はしやすいかも?

一度使ってみたいですね。

右手側

気になるポートですが・・・

右手側には・・・

USB3.2 (Type-A)がひとつ。

マイクロSDカードリーダーも付いてます。

左手側

左手側を見ると・・・

HDMIがひとつ。

Type-CのUSBポート(Thunderbolt4)が二つ。

イヤホンジャックはありませんけど、付属の変換アダプターが前の2機種と同じようについてきます。

ASUS ZenBook Sの詳細

ASUS ZenBook Sの値段を見てみる

スポンサーリンク

新ASUS ZenBook3機種の共通のスゴイところ!

新登場3機種

今回、新登場の3機種・・・

  • ZenBook Flip S
  • ZenBook 13
  • ZenBook S

ですが、共通してスゴイ面もたくさんあります。

3機種ともに備わっている機能も紹介しますね。

ぜーんぶはご紹介できませんが目立ったところをご紹介しちゃいましょう。

3機種ともZoomなどリモートに強い!!!

今回、2機種を実際に使ってみて驚いたのが・・・

リモート会議での機能の凄さ!!!

たいていノートPCについてるカメラやマイクってショボいんですよ。

なので、後からカメラを買い足したりマイクを買い足したりしないといけません。

それじゃ荷物も増える!!

ところが、この3機種はどれもカメラもいいし、マイクも鮮明なのです。

AIノイズキャンセリング搭載なんだって!!!

これは驚きの音質でした。

タイでリモートワークしてるガイヤーンにとってはここはポイント高い!!

きっと皆さんも昨今の状況からして同じではないかと・・・

リモートワークでなく普通に音楽を楽しんだり、映画を見たりする時の音もいいですよ。

なんてったって・・・

Harman Kardonの認証を受けているのです。

3機種ともミリタリーグレードの強靭さ

ミリタリーグレードとは・・・・

要するに軍事用に使えるほどの強靭なPCだということ。

アメリカ国防総省の規格に「MIL-STD-810H」というのがあるらしい。

これに準拠したPCなんです。

間違って机から落としたとか・・・

凸凹道の振動に耐えられるかとか・・・

最高49度、最低マイナス32度、湿度95パーセントにも耐えるのだ。

ま、その辺は試してみるわけにはいきませんが・・・

とにかく強そうなPCなのです。

3機種ともロングライフバッテリー

旅行中に困るのが充電不足。

空港で充電できるところを探すのもたいへん。

でも今回発売のPCたちはどれも・・・

ロングライフバッテリー

なのだ!!

これなら安心。

  • ZenBook Flip S 16.3時間(FHDタイプ)
  • ZenBook 13  14.4時間
  • ZenBook S  13.7時間

というバッテリー持ち時間です。

これだけあればタイまでの旅行中は問題ない。

ほぼ1日は持つって感じですね。

南米とかに行くなら途中に充電しなきゃいけませんが・・・

共通点の最後は・・・

「ZenBook Flip S」と「ZenBook S」の共通点になりますが・・・

(「ASUS ZenBook 13 UX325EA」シリーズは非搭載)

「NumberPad」という機能です!

2機種はナンバーパッドも搭載

タッチパッドがあらら不思議テンキーに!

これちょっと面白いですよね。

テンキーがパッド内に現れるのです。

タッチパットの右上をちょっとタッチすると。。。

現れるんです。

これが便利!!!

計算とかできちゃうし。

数字の入力もテンキーが得意な人にはサイコーでしょう。

スポンサーリンク

ASUSのあんしん保障も付いてるぞ!

ASUSのあんしん保障とあんしん保障premium

ASUS公式オンラインサイトへ行ってみる

ASUSのパソコンには・・・

「あんしん保障」

というのがあるんです。

これがまたスゴイので紹介しておきますよ!

なんと!!!

普通のメーカーなら保障しないあらゆる故障をカバーします!

故障原因は・・・

一切不問!!!

ウイルス被害でも・・・

落雷であっても・・・

水没しちゃったとしても・・・

落下させて壊したとしても・・・

OKなのです。

部品代は20パーセントだけ支払いますが・・・

加入料は・・・・

なんと0円!!!

有効期限が1年。

利用は年1回まで・・・

あんしん保障だけでもスゴイのですが・・・

実は・・・

「あんしん保障Premium」

というのがあるのです。

これが更に上をいく保障。

修理費用が0円!!!

この保証が・・・・

3年続くのです。

(利用は年1回までですが、合計3年で3回まで使えます)

通常14,800円かかるこの「あんしん保障プレミアム」ですが・・・

ASUS公式ストアーで、今回の3機種を買うと・・・

期間限定で無料プレゼント

されますぞ!!!

終わっちゃう前に急げ!!!

こりゃ公式ストアーで買うっきゃないですね。

ASUS公式オンラインサイトへ行ってみる

スポンサーリンク

結局どれを買うべき?

結論としては・・・

その人によって違いますよね。

どれがどんな人にピッタリなのか?

基本的にどれもモバイル対応ですし・・・

リモートワークにも適しています。

旅行に持っていくのは、3機種どれもOKだと思いますね。

では、そんな中で敢えて・・・

「ASUS ZenBook Flip S」はどんな人向け?

これは動画配信サービスを利用したい方。

4Kモデルもありますしね。

360度回転しますから、シアターモードにできますし。

そして・・・

タブレット的に使いたい方。

ペンも付いてますからお絵描きもOKです。

「ASUS ZenBook 13」はどんな人向け?

できるだけ軽く、できるだけ小さいサイズが希望な方。

ですね。

だって1.15㎏ですから!

そして、できるだけ安く済ませたい方。

第11世代の最新Intelプロセッサーを積んでいる3機種中では一番安いですから。

「ASUS ZenBook S」はどんな人向け?

小さいサイズでも、なるべく大きな画面が欲しい人向け!

このサイズで13.9インチの画面です。

4:3の画面表示が作業効率を上げますよ!

んでもって・・・

ガイヤーンはどれを選んだか?

そりゃあもう・・・・

「ASUS ZenBook Flip S」

これの360度回転するのに心奪われてしまいました。

これ持ってタイに帰りましょうか。

皆さんならどれを選びますか???

ASUS公式オンラインサイトへ行ってみる

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

ASUSのセールはこちら⇓(2021年)

Early Summer Sale(6月30日まで)