海外旅行保険用クレジットカードは楽天ともう1枚あればOK

お得情報

海外旅行の際に保険はどうしてますか?

1週間くらいの旅行だと結構、数千円かかっちゃいますよね。

もし、その保険を無料でかける事ができるとしたら?

どうします?

そんな話が実はあるんですよ。

ヒミツはクレジットカードの海外旅行保険の利用です。

楽天カードくらいならお持ちかも?

ならもう一枚あれば大丈夫!!

では、詳しく解説いたしましょう。

 

スポンサーリンク



 そもそも海外旅行保険がクレジットカードで賄えるの?

 

【質問】

クレジットカードの海外旅行保険で補償が賄えますか?

 

【答え】

アジア旅行ならほぼ賄えます!

医療費が高額なアメリカなどに行かれるなら話は変わりますが、アジア諸国の医療費用は以下のとおり

ハワイ(アメリカ)1000万円

ヨーロッパ 400~600万円

オーストラリア 400万円

アジア 300万~500万円

 

でも、一般的に無料クレジットカードで海外旅行保険付きのもので補償額は50万~200万円程度。

ちょっと足りないですよね。

最低でも補償額300万ラインに持って行くには?

どうすればいいか?

そこで・・・

 

海外旅行用のクレジットカードを複数持っておこう!

 

1枚の補償では足りないのですが、なんと!

病気やケガの補償は複数のクレジットカードの補償額を

合算できるのです。

 

ですから、100万の補償額と200万の補償額のついているクレジットカードを所持しておけば300万円の補償を受けることが可能!!

これなら無料のクレジットカードでも

2枚持てば対応できます。

※ちなみに死亡・後遺障害の際の補償額は合算できません。

 

更に考えてみると

2枚あれば限度額オーバーしても対応できますしね。

よくあるカードの破損や紛失、盗難などにもサブカードがあれば安心

 

そして、もう一つ注意点を!

海外旅行用のクレジットカードのブランドは分散しよう

こちらのリストをご覧ください。

世界でどんなクレジットカードが使われているかを順位付けしたものです。

世界で使われるカードランキング

  1. Visa:56%
  2. Mastercard:26%
  3. UnionPay(銀聯):13%
  4. Amex:3%
  5. JCB:1%
  6. DinersClub/DISCOVER:1%

 

海外で強いブランドはやっぱり圧巻の

VISA!

そして続いて

マスターカードです。

ですから、一つはVISA、そしてもう一枚マスターカードを揃えておけば万全でしょう。

 

 

スポンサーリンク



 海外旅行用は保険の充実したカードを

 

やっぱり年会費無料のカードが魅力的

でも、無料カードは一般的に補償額が低いのが常です。

そもそも海外旅行保険の付いてないカードの方が多い。

(´・ω・`)・・・・

高額なゴールドカードを持つなら補償額も1枚でケガ病気が500万などになりますが、そのために毎年1万円を支払うのもちょっと・・・

 

それで、この記事では、無料に近づけることのできる

条件付き無料カード

もご紹介しております。

 

さらに高額な医療保険の付いた無料カードの多くは、旅行費用の支払いをしないと有効にならないものが多いという点も認識しましょう。

クレジットカードの海外旅行保険には自動付帯と利用付帯がある

これ気を付けましょう。

どちらかと言えば自動付帯の方が楽ですが・・・

自動付帯とは

ただ持っているだけで良いカード。

自動的に海外に行った際、保険が適用されます。

利用付帯とは

旅費の一部をカードで支払った場合に、海外旅行保険が適用されます。

ただ持っているだけでは、保険は下りませんのでご注意を!

どうしても自動付帯の方が保険額が安くなります。

なかなかうまくできてます。

 

海外旅行用クレジットカードで使用頻度が高いのは?

 

実は死亡・後遺障害補償はほぼ使う事はありません。

確かに死にたくありませんしね。

最も使う補償は

病気やケガ

といったものです。

 

次いで、

携行品の補償です。

これらを充実させることができれば安心です。

 

では、こういった事を考慮して

割と簡単に持てる

カードを2枚ご紹介します。

 

スポンサーリンク



 海外旅行用おすすめクレジットカード【楽天カード】

 

既に持っている方も多いのではないでしょうか?

テレビでも宣伝される「楽天カードマン」

そして、最近は人気の楽天パンダが可愛いカードデザインなのです。

 

楽天カードは利用付帯カードです

 

このカード、実は持っているだけでは補償が有効にはなりません。

既に説明差し上げた

「利用付帯」のカード

なんです。

 

それで、「公共交通乗用具」の料金をこれで支払いましょう。

公共交通乗用具とは

その1

「航空法」や「鉄道事業法」や「道路運送法」に基づく公共交通機関を利用して、その運賃を自分の所有する楽天カードで決済することが必要です。

その2

「募集型企画旅行」の支払いに楽天カードを利用する場合もOk。

※「募集型企画旅行」とは、前もって旅行会社が企画したもので、日程などが詳細に設定されたツアーを指します。

 

例えば航空券(チャーター便不可)、空港までの電車賃、空港までのバス運賃、空港までのタクシー料金、旅行代理店のパッケージツアー料金などを楽天カード払いです。

バスや電車やタクシーはちゃんと「空港まで」乗るようにしましょう。

電子マネー利用でも、「楽天カード」でチャージしたことと「空港までの交通機関で利用した」ことが証明できるなら良いようです。

 

楽天カードの申し込みページへ進む

楽天カードの海外旅行保険の補償額

楽天カードの海外旅行保険の補償額は以下のとおりです。

さすが、利用付帯だけあって高いですね。

楽天カードの海外旅行補償額

傷害死亡・後遺障害:2000万円
傷害治療:200万円
疾病治療:200万円
賠償責任:2000万円
携行品損害:20万円(免責3000円)
救援者費用:200万円

キャッシュレス診療も可能

※2018年5月現在の情報です。詳しくは公式サイトでご確認ください。

ケガや病気に200万円あるのは心強いです!

 

すぐに申し込みましょう。

楽天カードの申し込みページへ進む

そしてもう一枚のおすすめカードは・・・

海外旅行用おすすめクレジットカード【三井住友VISAクラッシックA】

 

三井住友VISAクラッシックカードAもおすすめカードです。

有料のカードですが、簡単に無料化できます。

三井住友VISAクラッシックカードAの年会費について

年会費は、初年度無料で翌年より税込み1,620円(家族カード594円)ですが、簡単な方法で無料になります。

「マイ・ペイすリボ」登録とカード年1回の利用で翌年度無料となります。

家族会員は年3回の利用で無料!

ちなみに学生なら格安です。在学中は年会費が250円!!

 

こちら「三井住友VISAクラッシックカードA」は何と海外旅行保険が

自動付帯

なのです。

つまり、特に何もせずに海外に行ってもちゃーんと保険が適用されるのです。

 

三井住友VISAクラッシックカードAの海外旅行保険額

補償額は以下のとおりです。

三井住友VISAクラッシックカードAの海外旅行補償額

傷害死亡・後遺障害:300万円(利用付帯すると+1700万円)
傷害治療:100万円
疾病治療:100万円
賠償責任:2500万円
携行品損害:20万円
救援者費用:150万円

キャッシュレス診療も可能

国内旅行保険もある。最高2,000万円補償(利用付帯です)

※2018年5月現在の情報です。詳しくは公式サイトでご確認ください。

 

自動付帯は嬉しいですが、やっぱりこれ1枚では、補償額が少ないですね。

これだけに楽天カードとの2枚持ちが必須となります。

 

※カードにはクラッシックAカードと、次に紹介する(末尾にAのない)クラッシックカードがあります。別物ですので、契約する際はご注意を

 

三井住友VISAクラッシックカードAの申し込みはこちらから

 

 

さて、ここまでの楽天カードと三井住友VISAクラッシックカードAは連続で90日以内の旅行の方や、本人の補償だけで良い方用でした。

ココから下は連続90日以上の方、子供も補償に入れたい方などのニーズに答えます。

 

海外旅行保険用クレジットカード【連続90日以上の旅行】

まずは連続90日以上、海外へ行く方用のカードです。

 

これ1枚で対応するのでなく

3枚目として所有し、

旅行途中で保険を有効化できます。

 

連続90日以上の海外旅行でも保険を有効にできる三井住友クラッシックカード(Aなし)

 

海外に出かけてからでも保険をオンにできる

3枚目のカードとして!

海外で公共交通機関を利用すればよいだけ!!

つまり利用付帯カードになりますのでご注意を!

 

三井住友VISAクラッシックカードの海外旅行補償額

傷害死亡・後遺障害:300万円
傷害治療:50万円
疾病治療:50万円
賠償責任:2000万円
携行品損害:15万円
救援者費用:100万円

※2018年6月現在の情報です。詳しくは公式サイトでご確認ください。

 

三井住友VISAクラッシックカード(Aなし)も簡単に無料化できます。

三井住友VISAクラッシックカードの年会費について

基本は初年度無料、次年度以降1,250円ですがやはり「マイ・ペイすリボ」を登録することと、前年度中に1回以上カードを利用することで翌年も無料化できるのです。

学生さんは在学中は無料です。

 

三井住友VISAクラッシックカードカードの申し込みはこちらから

 

海外旅行保険用クレジットカード【子供も補償可】

 

子供も補償となるとどうしても有料にはなりますが、その分補償額も高くなりますよ。

おすすめはこちら!

子供の海外旅行保険も付帯できる三井住友VISA(プライム)ゴールド

 

19歳未満の家族の保険も欲しいならこちらがおすすめ

三井住友VISAプライムゴールド(20代用、年会費5000円)

三井住友VISAゴールド(年会費10,000円)

 

年会費がかかりますが、半額にできる裏技あります。

それは「マイ・ペイすリボ」に登録し、年1回以上カードを利用するという簡単なもの。

しかも、支払額をカード利用額いっぱいまで設定しておくことで、リボ払いによる多額の手数料支払いを避けられますよ。

 

裏技使用で年会費はこうなりますね。

三井住友VISAプライムゴールド(20代用、年会費2,500円)

三井住友VISAゴールド(年会費5,000円)

 

年会費2500円と5000円ですが、高額の補償内容になります。

しかも

自動付帯カードです。

 

三井住友VISA(プライム)ゴールドの海外旅行補償額

補償額は以下の通り

三井住友VISA(プライム)ゴールドの海外旅行補償額

死亡・後遺症:本人1000万(利用付帯で+4000万円)、子供1000万

ケガ病気:本人300万円、子供200万円

賠償責任:本人5000万、子供2000万

携行品:本人50万、子供50万

救援者:本人500万、子供200万

キャッシュレスは本人のみです。
配偶者や両親などの家族は「家族カード」で対応できます
家族カードは1枚目は無料ですが、2枚目からは1000円。

自動付帯でこれだけの補償額は他にないですね!
キャッシュレス診療もOK

※2018年6月時点での情報です。詳しくは公式サイトでご確認ください。

これだけあればアジアは余裕の補償となります。

 

三井住友VISA(プライム)ゴールドを申し込む

おまけでこちらも紹介しますっ!

クレジットカードじゃないけど海外旅行でお得に使えます。

海外旅行保険用クレジットカードよりも手数料が安いのがコレ

 

マネパカード

こちらはクレジットカードではなく、海外用のデビットカードみたいなもの

あらかじめカードに入金しておきます。

そこから引かれていくだけです。

ですので、使いすぎ防止にもってこい。

 

使い方はクレジットカードを使うのと同じ要領でお店で使用するだけ。

何と言ってもクレジットカードよりも試用する際の手数料がお安いのです。

クレジットカードを使うと手数料って取られているんですよ。

そして、現金の両替よりもこっちがお安いですし、安全です。

マネパカードを申し込む

 

海外旅行保険用クレジットカードは楽天ともう1枚あればOKの【まとめ】

 

まずは、

楽天カード

三井住友VISAクラッシックカードA

で決まりじゃないですか!

アジアならこの2枚あればだいたい網羅できそう!

早めに申し込めば次の旅行に持っていけると思いますよ。

 

コメント