周辺機器

海外で日本のTVを見るには?安くて速いVPNはどれ?

「VPN接続サービス」というものをご存じでしょうか?

これ、セキュリティ面でも重要なのですが・・・

現在、海外にいる管理人にとっては日本のTVを視聴する面でも欠かせないサービスなのです。

そこで、今回は管理人ガイヤーンが検討した三つのVPNサービスをご紹介致します。

  • セカイVPN
  • 速いVPN
  • WiFiセキュリティ

紹介と同時にそれぞれの特徴なども比較検討して参ります。

さて、早くて安いのはどれかな~!!

ちょっと長くなりますが、お付き合いくださいね。

※VPNソフトを検討するにあたって「速いVPN」のダウンロードソフトのみソースネクストさんからご提供いただきました。しかし、検討する際は忖度することなく厳しく内容を精査させていただいております。

そもそもVPNってなに?

バンコク市内

管理人ガイヤーンは現在タイにおります!!

ようやくバンコクに戻ることができたのであります。

パチパチパチ!!!

コロナの2年半はやむなく日本で避難生活していたせいでしょうか?

どっぷり日本の生活に沼ってしまいました。

久しぶりにタイに来たのですが、どーも日本のニュースやドラマの続きが気になってしょうがない。

もちろんホテルのTVで、Tverが見れるわけでもない。

(;´д`)トホホ

でも、方法が無い訳ではないのです。

こっちで日本のTverを見るためには・・・・

「VPN接続サービス」

を利用するのです。

え?

なに?

VPN(ブイ・ピー・エヌ)???

という方の為に説明させていただきます。

実はガイヤーンも、言うほど詳しくないのでザックリした説明になるんですけど・・・

まずVPNとは???

正式には「Virtual Private Network」と言う名称らしい。 

この正式名が表す通りで「仮想によるプライベートなネットワーク」って事。

VPN接続のイメージ

「VNP」とは?

”Virtual Private Network”を略した用語。インターネット網で仮想の専用回路を作ることにより、外部の侵入を防ぎ安全を確保する接続。VNP専用のルーターを設置し、そこに接続することになる。

意図的に世界中のVPN専用ルーターへ接続できる

VPN接続をすると、日本のTVが見れるようになるのはなぜ?

VPN接続には、VPN専用のルーターが必要。この専用ルーターに接続することによりセキュリティの高い接続を実現できる。そして「VPN接続サービス」の業者はこのルーターを日本や世界の至る所に設置しており、利用者は望む国に接続が可能。通常TVerなどは日本国内からしか利用できませんが、日本に設置しているVPN専用ルーターに接続すれば、ネット上では日本国内にいるのと同じ状況を作り出せるので、視聴する事ができるようになる。

細かい話はこの位にしておきましょう。

早速、それぞれのサービスを比較していきたいと思います。

  1. セカイVPN
  2. 速いVPN
  3. WiFiセキュリティ

の順にご紹介します。

日本のTVを見る点で、早くて安いのはどのVIPサービスなのでしょう????

セカイVPN

「セカイVPN」はネット上で簡単に検索できるので実質海外で見つけやすいVPNサービス。

とっても助かるのは最大2か月の無料体験ができること!!

ちょっとどんなものか使ってみたいって時は無料期間内で辞めてしまえば料金はかかりません。

無料期間内で終わる旅行ならこれが一番安いですね。無料だもの。

この点で気を付けるべきは・・・

最大2か月」

という表現。

例えば最初の申し込み日が、その月の1日ならまるまる2か月無料ですが・・・

月末31日に申し込んだならほぼほぼ1か月しかありません。

まぁ、それでも1か月無料があるので、試してみたい人には便利なサービスです。

何を隠そう管理人ガイヤーンも使ってみました。

セカイVPNの特徴は?

特徴その1:いろいろな国に接続できるぞ!

VPNサービスで当たり前と言えば当たり前ですが・・・

いろいろな国に接続できちゃいます。

国制限なく、あたかもその国に住んでいるかのようにサイトを閲覧できちゃうのです。

気になる接続国は・・・

  1. 日本
  2. アメリカ
  3. ドイツ
  4. 台湾
  5. 韓国
  6. フランス
  7. イギリス
  8. タイ
  9. インドネシア
  10. ベトナム

という10ヶ国。

そもそも日本に接続して、日本のTVer.を見たいのですから、他の国はあまり使わないのでは・・・

と思いがちですが、結構海外のサイトでスポーツのライブ中継などがあるのです。

そういった際にも、その国のVPNルーターに接続できるのはありがたい。

なので、接続国は多ければ多いほどよろしいかと。

特徴その2:すぐに使え、最大2か月の無料体験あり。
セカイVPNの課金イメージ

最初に触れましたが・・・・

最大2か月無料です。

ここ「最大」をお間違えないように。

もちろん、すっかり忘れてしまっても無料体験後いつでも解約は可能ですよ。

解約は開発元であるインターリンク社のマイページから行います。

実際、ガイヤーンもうっかり最大2ヵ月を勘違いして、料金を支払った組です( ;∀;)

特徴その3:対応OSの多さ

「セカイVPN」はいろんなプラットフォームで使えるんですよ。

Windowsだけじゃなくって。

iPhoneとかandroidのスマホもOK。

これは便利ですね!

「セカイVPN」が使えるのは・・・

  • Windows
  • macOS
  • iOS(iPhone.iPad)
  • Android
  • Chrome OS

これほぼほぼ包含してますよね。

「セカイVPN」の特徴をご紹介してまいりました。

しかし、ですね。

結果としてはガイヤーン的に、セカイVPNはしっくり来ませんでした。

ええ~そうなのぉ~と

聞こえてきそうですが。

そのわけは・・・・

セカイVPNを使い続けなかった理由

セカイVPNを使い続けなかった理由は2つあるんです。

辞めた理由その1
「Holiday in Vana Navaホテル」のWiFi速度

はっきり言うと・・・

速度が遅くなっちゃうのです。

これってVPNでは仕方のない事なのかもしれません。

特殊な暗号を使って仮想回線を作り出すので、その分遅くなってしまうのです。

さて、どのくらい遅くなったのか?

あくまでもガイヤーンの場合の例ですが・・・

タイのホアヒンにある「ホリデイ イン バナナバ」ホテル滞在中の事です。

(こことっても良いホテルなので別の機会にご紹介しますね)

通常のホテルWiFiの速度は74Mbpsでございました。

そのホテルで「セカイVPN」に接続した速度が以下のとおり⇓

「セカイVPN」を使用して速度を測ると…

まさかの10分の1以下・・・・

4.9Mbps

あぜんとします。

これでもTVerは見る事ができますが・・・

見る事ができるものの、やっぱり画質が悪い。

大型TVにHDMI接続してるので、粗が目立っちゃいます。

ちょっと普段使いは出来かねますよね。

通常、海外からのTV視聴用としてのVPNとしては速度が遅すぎのような気がします。

辞めた理由その2

2つ目の理由は・・・

料金です。

毎月1,100円かかるのです。

年間では13,200円

最大2ヵ月無料ではありますが・・・・

2ヵ月以内の旅行なら最安ではあります。

無料期間終了後、年間13,200円というのは長期滞在者にするとお高いですよね。

そんな事で使い続けるのを辞めてしまったのです。

でも、気軽に始めるには良いサービスですよ。

気になる方は以下のバナーをクリックしてくださいな。

これらを踏まえて・・・

日本のTVを見るためのVPNとして安くて速いのは無いのか・・・

探し出したのが「速いVPN」というソフトなのです。

その名の通りなら、速そうです

速いVPN

icon icon

「セカイVPN」を辞めた理由が速度でしたので、この名前に惹かれたのかもしれません。

さて、本当に速いのでしょうか???

そしてお安いでしょうか???

早速、検証してみることに・・・・

場所は先ほどのホアヒンを出まして、バンコクのとあるコンドミニアム。

ガイヤーンの自宅になります。

ここにAISのネットサービスを導入いたしました。

もっと速度が出るサービスもありますが、コンドミニアムが推奨する50Mbpsのタイプを契約。

昼間は50Mbps出てましたが、夜になると以下のとおり。

20Mbpsをちょっと上回るくらいです。

ガイヤーンのコンドミニアムのWiFi速度(時間帯は夜)

今時20Mbpsとは、基本的に超遅いですね。

この速度の状態で「速いVPN」を起動させてみましょう。

PC画面上のスイッチを1クリックするだけです。

すぐに日本のルーターに接続されました。

そして、速度を測ってみると・・・・

以下の通り⇓

速いVPNの結果はいかに!
同じ時間帯で速いVPNを使ってみるとガイヤーンのコンドミニアムで驚きの結果が…

なんと!!!

21Mbps素の回線 ⇒ 48Mbps(速いVPN使用)

何もしていない状態の2倍以上の速度が出るじゃありませんか!!!

これにはびっくり。

幾ら速いって言っても、素の回線よりも早くなることはないだろうと思っていたからです。

結果はVPN接続なし状態の2倍を超える速度が出ておりました。

参考までに、ガイヤーンのコンドミニアムで前述の「セカイVPN」はどのくらいの速度なのか?

測ってみました。

結果は以下の通り⇓

セカイVPN(ガイヤーンのコンドミニアムの場合)

素の回線とほぼほぼ同じ速度。

ですので、どこでも「セカイVPN」を使うと10分の1低下するという訳では無いようですね。

誤解の無いようお願いいたします。

速いVPNの特徴は? 

「速いVPN」イメージ画像

速いレーシングカーのような勢いのある「速いVPN」

でも、速さだけじゃないんです。

他にも、魅力的な特徴がいろいろあります。

安さもあるかな???

でも、まずはダントツの速さについて解説しちゃいますっ!

特徴その1:ダントツの速
ぶっちぎりの速度が出る「速いVPN」

検証した通り「速いVPN」は、名前に偽りありません。

ぶっちぎりで速いです。

「速いVPN」は、仮想VPNなのになぜこんなに速いのか?

実は、独自のプロトコルを使用しているんですね。

これを開発したのはFire Trust社で、正式名は「Hideaway VPN」というサービス。

このプロトコル、暗号化に優れておりナノレベルで作業を行っちゃうという事のようです。だから速いのか・・・

プロトコルとは?

コンピューター同士の通信上の言語のようなもの。IPやTCP(伝送制御プロトコル)、UDPなどがある。

企業秘密なのでしょうか?このプロトコル中身は開示されておりません。

速さを重視して、一から作られたプロトコルだとか。

一度開発して、それで終わりでは無いのも良いところです。

常にFire Trust社が、最新版にアップデートしてくれるのだ。

これで速度も常に最速が保たれるようですよ。

ソースネクスト「速いVPN」公式サイトはこちらからどうぞ

特徴その2:接続国が多い
世界中のサイトを閲覧可能

「セカイVPN」と同じように、「速いVPN」も接続先の国をいろいろと選べます。

その接続数は「セカイVPN」よりも多く27ヶ国で、35都市に可能

「速いVPN」の接続国リスト

  1. 日本
  2. オーストラリア
  3. オーストリア
  4. ベルギー
  5. カナダ
  6. チェコ共和国
  7. デンマーク
  8. ドバイ
  9. フィンランド
  10. フランス
  11. ドイツ
  12. 香港
  13. インド
  14. アイルランド
  15. イタリヤ
  16. ニュージーランド
  17. オランダ
  18. ノルウェー
  19. ポーランド
  20. シンガポール
  21. 韓国
  22. スペイン
  23. スウェーデン
  24. スイス
  25. イギリス
  26. ウクライナ
  27. アメリカ

こんなに使いきれませんが・・・・

それでも話題のウクライナや香港などのサイトに接続できるのは魅力的。

特徴その3:料金がお得(やったーー!!)
ソースネクスト「速いVPN」公式サイトはこちらからどうぞ icon

なんせ買い切りなので料金的にお得なんです。

しかも10台のPCにインストールでき同時利用が可能(セカイVPNは3台まで同時使用可能)

上の1年版、3年版、無期限版の価格を見ると、割とするって印象ですが・・・

日本の公式販売元であるソースネクスト社をなめてはいけません。

そりゃもうセールの嵐です(笑)

(ソースネクストのセールを狙う方法は別記事にまとめていますので、記事下にリンクを貼っておきます)

そもそも「セカイVPN」は月額1,100円ですので、年間にすると・・・

13,200円(無料期間終了後、セカイVPNを1年間使った場合)

「速いVPN」なら定価で購入しても1年版は、5,940円ですよ。

大きな声では言えませんが・・・

ソースネクストのセール時期を上手く活用すると驚くほど安く入手できちゃう事もあるんです。

(セールまで待てない、すぐに使いたいという場合は仕方ありませんが・・・)

セールを確認される方は以下のリンクからどうぞ⇓

ソースネクスト キャンペーンページ

宝くじで当てる方法もあります(根気が必要)

ハズレなし!毎日なにかが当たる宝くじがリニューアル

ウイルス対策ソフト「ZERO」購入者だけのセールもあります。これだと両方買ってもまだお得です。

ウイルス対策ソフト「ZERO」シリーズ ZERO購入者プレミアムサービスのページ icon

良いところばかりを挙げてまいりましたが・・・

世の中そんな良い事ばかりではありません。

「速いVPN」の残念な点もお知らせしておきましょう。

速いVPNの残念な点

icon icon

それは・・・・

対応するOSが・・・

Windowsだけ

なんです。

そう、マックでは使えません。

もちろん、アンドロイドやiPhoneでも使えないのです。

ここが改善されたら最強なんですけどね。

そして、最後にご紹介するのは・・・

WiFiセキュリティです。

日本のTVを見る点で「速いVPN」以上に、安くて速いVPNなんてあるのかな????

WiFiセキュリティ

Wi-Fi セキュリティ

ソースネクスト「WiFiセキュリティ」の公式サイトはこちら

まずは、一番VPN接続で気になる速度を確認しておきたいと思います。

管理人ガイヤーンのコンドミニアムの現在の素の速度から見ておきましょう。

コレです⇓

素のガイヤーンのコンドミニアムのWiFi速度

やっぱり夜は遅くなるんですよね。

現在の所、22Mbpsです。

契約が50Mbpsの契約なので夜はこんなものでしょう。

さあ、WiFiセキュリティを起動して接続しましょう。

そして計測したのが・・・

こちら⇓

え、え、WiFiセキュリティって・・・

ん!

と二度見して・・・

WiFiセキュリティを見て驚く女性

どっひゃーーー

その驚きの結果はコチラです⇓

WiFiセキュリティ接続したガイヤーンのコンドミニアムWiFi速度

なんと「速いVPN」と変わらんじゃないですか!!

ていうか抜いてるし!!

驚きの結果は51Mbpsだったのです。

実は・・・

この51Mbpsを出す前に1度計測しておりまして。

その際の速度は61Mbpsという数字をたたきだしていたんです。

「そんな訳あるかっ」と思い再度、計測したのが写真の51Mbps。

何度やり直してみても「WiFiセキュリティ」は、速い結果がでました。

しかも日本への接続が特に速い!

アメリカやヨーロッパでは、早くても30Mbps台。

どちらかと言えば台湾とか香港などアジアのルーターに接続する方が速い。

それで、もう一度前述の「速いVPN」を計測してみることに。

すると・・・・

同時刻に「速いVPN」で接続してみると・・・

やはり、最初と同じような速度

じゃ、今度は「セカイVPN」は?

計測してみると⇓

ついでに「セカイVPN」でも接続してみたら・・・

やはり、前述の内容と変わらず。

という事は・・・

速さ順で言うと・・・

【速い】WiFiセキュリティ←速いVPN←セカイVPN【遅い】

という結果になってしまったのです。

ん~これは予想外!!!

だってこのソフト、一番お安いんですよ!!

Wi-Fi セキュリティ
ソースネクスト「WiFiセキュリティ」の公式サイトはこちら icon

では「WiFiセキュリティ」とはどんなVPNサービスなのかもう少し詳しく見てまいりましょう。

WiFiセキュリティの特徴は?

WiFiセキュリティのイメージ

WiFiセキュリティという名前からしてすっごくセキュリティ面で強そうですよね。

まずはそのあたりの特徴から・・・

特徴その1:セキュリティ面で優れている

WiFiセキュリティなら途中でメールを盗まれることも防げます。

WiFiセキュリティを使うと・・・

  • ウイルスソフトの防げない部分、つまり通信ネットワーク上の情報を守ることができる。
  • フィッシングサイト対策機能があり、自動でブロック。
  • マルウェアのサイトも警告しブロック。
  • 掲示板やチャットでもIPアドレスを残さない。

・・・とまあ実にセキュリティ面がしっかりしております。

特徴その2:接続できる国が多い

85か国に接続できるWiFiセキュリティ

なんとその数、85か国!!!

都市としては127か所

  1. 日本
  2. アメリカ合衆国(28か所)
  3. イギリス(4か所)
  4. アイスランド
  5. アイルランド
  6. アゼルバイジャン
  7. アラブ首長国連邦
  8. アルジェリア
  9. アルゼンチン
  10. アルメニア
  11. イスラエル
  12. イタリア(3か所)
  13. インド
  14. インドネシア
  15. ウクライナ
  16. ウルグアイ
  17. エクアドル
  18. エジプト
  19. エストニア
  20. オーストラリア(6か所)
  21. オーストリア
  22. オランダ
  23. カザフスタン
  24. カナダ(4か所)
  25. カンボジア
  26. ギリシャ
  27. キルギス
  28. グルジア
  29. クロアチア
  30. コスタリカ
  31. コロンビア
  32. シンガポール
  33. スイス
  34. スウェーデン
  35. スペイン
  36. スロバキア
  37. タイ
  38. チェコ共和国
  39. チリ
  40. デンマーク
  41. ドイツ
  42. トルコ
  43. ニュージーランド
  44. ネパール
  45. ノルウェー
  46. パキスタン
  47. パナマ
  48. バハマ
  49. ハンガリー
  50. バングラデシュ
  51. フィリピン
  52. フィンランド
  53. ブータン
  54. ブラジル
  55. フランス
  56. ブルガリア
  57. ブルネイ
  58. ベトナム
  59. ベネズエラ
  60. ベラルーシ
  61. ベリーズ
  62. ペルー
  63. ベルギー
  64. ポーランド
  65. ボスニアヘルツェゴビナ
  66. ポルトガル
  67. マルタ
  68. マレーシア
  69. マン島
  70. メキシコ
  71. モナコ
  72. モルドバ
  73. モンテネグロ
  74. ラオス
  75. ラトビア
  76. リトアニア
  77. リヒテンシュタイン
  78. ルーマニア
  79. ルクセンブルグ
  80. ロシア
  81. 香港
  82. 台湾
  83. 大韓民国
  84. 中国
  85. 南アフリカ

すっごいね!!!

特徴その3:コストパフォーマンスに優れている

WiFiセキュリティの定価での価格

ソースネクスト「WiFiセキュリティ」の公式サイトはこちら

なんと言っても1年版なら定価購入でも・・・

3,278円

というお安すさ!!!

「セカイVPN」なら3か月分(ひと月1,100円)でお釣りが貰えちゃう。

「速いVPN」なら1年版は5,940円ですしね。

「速いVPN」の特徴紹介でも挙げましたが・・・

ポイントをためてセールを狙えば「WiFiセキュリティ」の場合は1,000円以下も可能です。

管理人ガイヤーンもそうして購入いたしました。

日本での販売元であるソースネクストのセールは以下のリンクからどうぞ⇓

ソースネクスト キャンペーンページ

ソースネクスト宝くじで当てるという根気のいる方法もあります⇓

ハズレなし!毎日なにかが当たる宝くじがリニューアル

(このソースネクスト宝くじは毎日引くと数百ポイントをためる事ができるので、実はお勧めです)

特徴その4:様々なOSで使用可能

WiFiセキュリティはapple製品もOK

「速いVPN」は使用できるのはWindowsだけだったのですが・・・・

「WiFiセキュリティ」はOSを選びません。

なんと!!!

  • Windows
  • Mac
  • iOS
  • Android

いずれのプラットフォームでも利用可能なのです。

こりゃ良いですね。

1ユーザー5台までインストールできるので、手持ちのスマホやタブレットもまるっとセキュリティを有効化できます。

お得だぁ!!!!

ソースネクスト「WiFiセキュリティ」の公式サイトはこちら

海外で日本のTVを見るVPNのまとめ

長い事お付き合いいただきました。

海外で日本のTVを見るためのVPN。

結局どれがおススメなのでしょうか???

どれも一長一短ですので、タイプ別に分けてみましたよ。

あなたはどのタイプでしょう???

タイプ1:短期滞在の方(1か月前後まで)

滞在が1ヵ月前後であるなら「セカイVPN」がおススメ。

無料期間があるので、1か月前後なら料金がかかりませんし、手軽に使えます。

ちょっと遅くなりますが、TVerは見る事ができるのではないかと・・・

セカイVPNを使ってみる方はこちらからどうぞ

タイプ2:長期滞在で、セキュリティも重視したい方

長期滞在もしくは度々海外旅行へ行かれる方。

なおかつ、セキュリティ面も備えたいという方。

それなら「WiFiセキュリティ」ですね。

速度も3つの中では、一番速いです。

セキュリティ的にも安心。スマホに入れておけばフリーWiFiなども安心して使用できます。

ソースネクスト「WiFiセキュリティ」の公式サイトはこちら

ただ、アップロード速度はあまり早くありません。

YouTubeなどをUpしたい方はもう一つの選択肢が良いかも。

タイプ3:ダウンロード速度、アップロード速度両方速いのを望む方

ダウンロードもアップロードも速い方が良いなら・・・

「速いVPN」一択でしょう。

ダウンロード速度では「WiFiセキュリティ」に負けましたが、遅い訳ではありません。

十分に速い速度が出ます。

ソースネクスト「速いVPN」公式サイトはこちらからどうぞ

さて、あなたはどのVPNサービスを選びますか?

海外で日本のTVを見るためのVPNサービスを3つほど詳しく検証させていただきました。

結局のところ、管理人ガイヤーンとしては「速いVPN」と「WiFiセキュリティ」の両方をケースバイケースで使っております。

普段は「WiFiセキュリティ」を使用して、アップロードがある場合は「速いVPN」みたいな感じ。

海外のホテルでは無料WiFiにつなぐケースがほとんどですよね。

TVを見る為だけじゃなくとも「WiFiセキュリティ」は入れておくと安心かと思います。

クレッジットカード情報読み取られたりする事件が時々おきますので。

海外では、バッグなどは肌身離さず持っているという方でも、インターネットの状態では丸裸になってしまっているという事が起こりえます。

ホテルの部屋にきちんと鍵をかけて寝るのと同じ。

WiFiにもきちんと鍵をかけてつなぎたいですね。

さて、長くなってしまいました。

海外で日本のTVを見る為の安くて速いVPN選びの記事が、何かのお役に立てるなら幸いです。

ソースネクスト

-周辺機器