今のバンコク情報はここで

【バンコク三大寺院】涅槃像のワットポーを写真で解説します






バンコク三大寺院と言えば、王宮のワットプラケオ、チャオプラヤー川のワットアルン、そして今回紹介の巨大涅槃像のワットポーなのです。

では、どんな所か一緒に入ってみましょ!

 ワットポー

ワットポー入り口ワットポー入り口

タイワン通り(Thanon Thai Wang)の入り口から入るのが一般的

バンコク三大寺院は三つともすぐ近く!

全部一緒に一日で巡れますよ。

 

見学料金はいくら?

ワットポーのチケット売り場

入り口を入るとチケット売り場があります

タイ人は無料のようですが、外国人はひとり100バーツ

代わりにミネラルウォーター引換券が貰えます。

ちょっと小さめのボトルですけど・・・

 ワットポーの仏塔は歴史あるもの

ワットポーの仏塔4基の仏塔

歴代の王様の遺骨が納められてるんだって

いわゆるお墓みたいなものかな

緑の陶器片で造られた塔がラマ1世

白色はラマ2世

黄色がラマ3世

青色がラマ4世

色の違いはよく見ないと分からないね。

ワットポーの回廊回廊には仏像がびっしり並んでる

ワットポーの信者さんから寄進されたもの

どれもこれも金ピカなのさ

 

 いよいよ本堂へ

ワットポーの建物入り口本堂入り口

靴を脱いで入ります

どこもそうだけど、キャミソールや短パンなんかでは入れません

入り口のところで露出のないようマントを着せられます

 

 




 これが涅槃像だ

まず顔のある側から入ります

ワットポー涅槃像

全長46mあります

高さは12m

立ち上がったら怖いね

こんな狭いところで寝っ転がってるのも楽じゃないかも?

ワットポー涅槃像は1832年に造られたもの

でっかいです!

ワットポー足の裏から体全体を見る

 

ワットポーの足の裏模様足の裏には仏教の基となったバラモン教の宇宙観が描かれる

108つの絵がある

長さが5m、幅は1.5mの足のうら

履く靴のサイズはでっかいな!

いったい何cmだろ?

500㎝の50Aくらいかな?

(⌒∇⌒)

ワットポーの後ろ頭の後ろ側も見れます

トゲトゲの頭です

枕もでっかい

 

 修行もできる(;'∀')

ワットポーで修行修行中の女性

ちょうど背中側の壁沿いに108つの壺(お坊さんが托鉢に使うもので応量器というらしい)が置かれている

20バーツをもう一つ下の硬貨の単位であるサターン硬貨に交換してもらって、1枚ずつ入れていくのだ

お布施をしながらも、修行になるらしい

 

 ワットポーの場所は?

すぐ隣に王宮があるので分かりやすい

どこから行くにしてもタクシーが便利だ

おススメはGrabタクシー案内の記事はこちら

 

ワットポーの公式サイトもある

 ワットポー【まとめ】バンコク三大寺院

巨大で、しかも横になった姿の仏像は日本にもある

福岡県の篠栗町にある南蔵院

全長は41mあり、1995年に造られたもの

割と新しめなのね

屋外に設置されているもので金色ではないらしい。

★ ★ ★

一方、タイのワットポーは本堂に入れられた金ぴかの姿なので、結構迫力がある

タイ仏教の信仰心の篤さや、お布施のすごさを物語る仏像だ!

★ ★ ★

ワットポーは観光客の数も多いがバンコク三大寺院の中では、やっぱり王宮&ワットプラケオが圧倒的に多い

その次がワットアルン

そして、このワットポーって感じね

きっと仏像好きにはたまらないんでしょうけど

仏像しかないっていうのも事実

バンコク三大寺院全部を回れないなら、王宮とワットアルンを優先するって方法もアリかな

お好みでどうぞ

(o^―^o)ニコ

 




-今のバンコク情報はここで
-