クアラルンプール

マレーシア鉄道公社ビルに行ってみた【オールドタウンを散歩しよう】

2016/12/15


クアラルンプール駅を出ると目の前に

登場するのがこちら

「マレーシア鉄道公社ビル」

img_4327

クアラルンプールの駅舎が真っ白だったのに対してこちらは重厚感のある色。歴史を感じさせます。1917年に完成というのですから実はクアラルンプール駅より新しいんです。手掛けたのは駅と同じくイギリス人設計家ハボック氏。

img_4329

 

 

 

スポンサーリンク




 

img_4335

今もマレーシア鉄道公社ビルとして使われていますので、中を見学することはできません。尋ねてみましたが駄目でした。

白亜のらせん階段なんてオシャレです。下から上を見上げています↓

img_4340

KTMの文字がみえますね。KTMコミューターというクアラルンプール市内と郊外を結ぶ路線です。

img_4338

下の通路も真っ白け。

img_4343

クアラルンプール駅の目の前に下の写真の感じでどどーんと出てきますので、すぐにわかります。

【クアラルンプール駅の記事はこちら

img_4323

マレーシアの趣のある建物シリーズ

これ「ナビ散歩 クアラルンプール編」として続きます。

 



-クアラルンプール
-,