タイのロータスのフードコートの使い方を解説します。

ノンカイ おすすめのレストラン

タイのどこにでもあるロータスというマーケット。

そこの中にはたいていフードコートがあります。

今回は、そのフードコートの使い方を解説しちゃいます。

スポンサーリンク

タイのテスコロータスはフードコートもあるぞ

ロータス

 

タイにはロータスがあちこちあるんですよ。

これは便利で良いですね。

だいたい必要なものはここで揃います。

 

しかも、今回のテーマにありますとおり、フードコートまでそろっております。

どんなフードコートなんでしょうね。

楽しみ楽しみ!!

スポンサーリンク

まずはフードコート用のカードにチャージしてもらおう

 

まずは、フードコートの中央にあるカウンターへ向かいましょう。

お姉さん(?)が一人か二人座っているはずです。

そのお姉さんに(そっと?)

100バーツをカウンター越しに差し出すのです。

 

これだけで十分、お姉さんもすぐ分かるんですよ。

さっと早い身のこなしでオレンジのプリペイドカードのようなものをくれます。

この中に100バーツ入っている訳ですね。

 

沢山、食べたいとか、人数が多い時は300バーツでも500バーツでも入れてくれますよ。

500バーツを5枚に分けてほしいとジェスチャーすれば100バーツの入ったカードが5枚もらえます。

そしてレシートのようなもの、現在このカードに何バーツ入っていますと表記されたようなものもくれます。

 

これさえあれば、フードコートの商品を何でも(ビール以外。お酒は現金らしい)いただくことができちゃいます。

しかし、ここからの方が難しいですぞ。

食べたいものを選ぶんです。

なんてったって表記はタイ語。

あなたは立ち向かえるのか!!

 

えっと、このカード使い終わってまだ中身にお金が残っている場合、忘れずにさっきのカウンターへ戻りましょう。

返金してもらう必要がありますから。

スポンサーリンク

ロータスフードコートで実際に食べてみよう

IMG_4774-e1465406611164-150x150カード

 

さて、このカードに100バーツを入金いたしました。

 

次はお好きな物を選びます。

 

さて、なにが美味しいのか????

こんな感じで左手、正面、右手の3方向に広がるフードコートに立ち向かうのです。

 

IMG_4764-e1466358943488-150x150

 

一つずつ注意深く探していきますと、ちょっと美味しそうなものを発見。

 

IMG_4765-e1465665042513-150x150

 

これちょっと見にくいですけど。

ローマ字で”Sukiyaki”とあるんですよ。

そうあの日本人みんなが大好き「すき焼き」ですね。

 

料金も40バーツと格安。

たぶん130円くらい。

ってわけで、作っているお兄さんに、ショーケースを指さして、「コレコレ」

 

待つこと7~8分。

他の人のを先に作っていたりするんですね。

礼儀正しい日本人としては、黙って待つのです。

 

そして、出来上がりはこちら。

スポンサーリンク

フードコートの料理を食べてみよう

IMG_4771-e1465666168112-300x300

 

これが果たして「すき焼き」と言えるのかはさておいて。

鉄板にグツグツとまでは、いかないものの結構熱くなってますので、テーブルまでの持ち運びはトレイを持ってきた方が良さそうです。

 

スプーンとフォークはまとめて置いてあるコーナーがあります。

そこのお湯に先っぽを入れて、熱湯消毒してから使うようです。

 

さて、テーブルを決めて。いざ。

実食。

 

野菜不足のナビ助としては、なかなか美味しいのであります。

春菊っぽい味と、赤い斑点が見えるのは辛みですね。

ポークが結構たくさん入っています。

柔らかい豚さんで結構おいしいー。

白菜なんかも久しぶりだぁ。

完食。

うまかったぁ。

IMG_4774-e1465406611164-150x150

 

どうやら料金は50バーツだった様子。

まだ、このカードに残りの50バーツが入ってますので、先ほどの入金したお姉さんの所で再び換金してもらえます。

その日のうちにやりましょう。

 

明日では、もう換金してくれないんですよ。

実は、すでにやってもうた。

換金忘れ!

コメント