今のバンコク情報はここで

【バンコク三大寺院】色が薄くなったワットアルン《2017工事終了》






長らく続いたワットアルンの工事が終了したようです。

綺麗になったワットアルンを一緒に見に行ってみましょう。

ちょっと気になる噂も飛び交っていますしね。

 工事の終わったワットアルン

白く美しい仏塔ワットアルン

高さは67mあるのです

バンコク三大寺院 ワットアルンへはどうやって行く?

最寄りのボートの駅からチャオプラヤー川を渡るのが早いですよ

地図を見るとお分かりいただけると思いますが、王宮とワットポーそしてワットアルンはちょうど1日で回れる距離です。

一度にバンコク三大スポットを巡って見ましょう

ボートで来るとワットアルンがチャオプラヤー川に浮かぶように見える

ワットポーのすぐ裏手にあるターティアン船着き場からワットアルンまでは片道3バーツと格安

10分~15分間隔で運行

いつ見てもそうだが、タイの川は日本の川とは違い茶色だ

あまり綺麗なイメージが持てないのは残念ですが・・・

 




長らく工事が続いたワットアルンへ行ってみよう

ワットアルン工事色が塗られるワットアルン

2013年から約4年に渡り大規模な修復工事が行われてきたワットアルン

職人さんたちが細かい作業を終え、現在は完成して全貌を見ることができている

ワットアルン入場料、営業時間

ひとり50バーツを支払って中に

営業時間は朝8時30分から17時30分

あれ?以前と違う?色が・・これがバンコク三大寺院のワットアルン・・・

さて、もっぱら噂になっているのは、ワットアルンの色だ

つまり昔より、白くなってしまっているという

こりゃいかん!

と早速、検証させていただきます。

ビフォーアフター ワットアルンその1

ビフォー(2014年当時 トリップアドバイザーより)

上の画像が工事始まった当時のワットアルンだ

確かに黒っぽい

アフター(2017年現在)

そして、こちらが現在のワットアルン

おや?

かなり白く見えるんですけど・・・・

念を入れて、もう一枚くらべてみましょう

ビフォーアフター ワットアルンその2

ビフォー(2014年当時 トリップアドバイザーより)

こちら(↑)が工事開始当時のワットアルン

黒い感じもしますが、コケっていうんでしょうか、汚れもひどいような・・・

アフター(2017年現在)

そして、今回の作業が終わったワットアルン

同じアングルではないのでちょっと分かりづらいですが、きれいになっているのは間違いない

若干、白っぽいのかな?

写真写りでも違うしね。

僧侶の言い分

ワットアルンのお坊さんが言うには、「修復作業によって汚れがとれて綺麗になっただけだ」との事

白く塗り過ぎたという事はない」という見解

 

タイ人の言い分

明らかに白すぎ

下手な職人を雇ったからこうなった」のだと反論

どっちがホントか?

確かに若干、白くなったかも知れませんが、きれいになったのも事実

 

 

色白で美しくなったワットアルン

美しくなったワットアルン細かい模様が繊細に描かれるワットアルン

 

ワットアルンの模様ひとつひとつの模様を拡大してみる

白さが際立つワットアルンなのであります。

ワットアルン【まとめ】色白問題

地元タイ人の言う事も事実でしょうし、お坊さんの言い分もわかります。

もう一度、塗り直すのは大変ですから、ここはタイ人の得意な「マイペンライ」で乗り切りましょう!

綺麗になったのは事実ですから・・・ワットも美白なのね!

 




-今のバンコク情報はここで
-