今のバンコク情報はここで

【2017年10月26日~27日】全タイが泣いたプミポン国王の火葬式を写真で解説






とうとうタイ国民が注目するプミポン国王火葬式が行われました。

ノンカイナビがその様子を皆さんにお伝えしちゃいます。

では、どーぞ。

 ドゥシット宮殿から運び出される前プミポン国王の黄金のひつぎ

上から見ると十字型のドゥシット宮殿

歴代の王族がここに安置されたらしい

亡きプミポン国王もここに

今回もドゥシット宮殿から行進が始まる

王宮図で説明するとこの赤い矢印のところ辺り

このドゥシット宮殿から縦型の棺が運び出される

慎重に運び出されるひつぎ

まずは、宮殿から山車に移すまでの輿に乗せられる

輿に乗った縦型のひつぎ

 

ドゥシット宮殿前で金の山車に乗り換える

まず小型の山車を使うのは、王宮を出るには門の幅が狭いからだろう

この後、再び大型の黄金の山車に乗り換える

①ドゥシット宮殿の外から行進が始まる

王宮の外まわりを、隊列をなして行進が行われる

行進の道順は以下の通り赤丸が行進の始まり(以下番号順にご案内します)

ほぼ王宮をぐるっと回る形で行進が行われます。




を空から見てみよう

手前の道路に赤い衣装の行進の隊列が見えている

空撮の方向は赤矢印の上空から

 

ひつぎを迎え、行進がはじまります

 

②王宮の裏通り

最初の角を曲がり裏通りを隊列が進みます

沿道には多くのタイ国民が駆けつけているのがわかります

棺が倒れることがないように支えています

 

金色の船に乗り換え

 

の位置で、大型の山車に乗り換えが行われました

黄金の山車天国への黄金の船というコンセプト

 

高さ11.2m、全長18m、重さ13.7トンという巨大な黄金の木製車

 

黄金の船

 

30万人とも発表される参列者は、木製車や王族が前を通るとひれ伏し、涙を流した

 

火葬式王宮を後にする

 

王宮を後に

 

の位置

後方の白壁の向こうに王室専用図書館、その後ろに三つ並んだ御堂、経堂、黄金の仏塔が見える

 

黄金の山車豪華絢爛な山車

 

夜10時に火葬が始まった

プミポン国王の火葬施設王宮前に作られた黄金の火葬施設

高さ50.5m、基礎部分は60m四方の火葬場を1年で建設した

この施設で法要の後、ワチラロンコン国王や王族、秋篠宮ご夫妻、ブータンのワンチュク国王、マティス米国防長官、アンドルー英王子などの来賓が階段を上がって台座の上のひつぎに献花をした

プミポン国王火葬午後10時(日本時間27日午前0時)に始まった火葬

多くのタイ人の見守る中行われた

火葬の儀は約102億円かけたらしい

全タイに中継の予定だったが、急きょ取りやめとなり火葬の詳しい様子は報道されていない

その理由はこの時期に合わせて南部で勃発しているテロ対策らしい

プミポン国王火葬式【まとめ】

プミポン国王の言葉

かなりの時間とお金をつぎ込んだ火葬式だったのがよくお分かりいただけたと思います。

それほど、タイ人にとってプミポン国王は偉大な存在だったのでしょう。

 




-今のバンコク情報はここで
-