今のバンコク情報はここで

【SRT】タイ国鉄のニュー寝台列車に乗ってみた②[モニター編]






先回はタイ国有鉄道(SRT)の個室を紹介しました。

今回は、個室の中に備え付けられているモニターを徹底的に解説いたします!

今回の記事はこちらの記事の続きです↓

【SRT】新しくなったタイ国鉄の寝台列車に乗ってみた[個室編]

 SRT寝台列車のモニター設備

SRT寝台タイ国有鉄道サイトより

とってもきれいになった寝台列車

その個室にはモニターが完備されているのが気になります

タイ国鉄寝台タイ国有鉄道サイトより

いったいこのモニター、どんなものが見れるんでしょうね???

SRT寝台モニタータイ国有鉄道サイトより

まずはモニター位置から

SRT寝台個室

上下のベッドに対して一つずつ設置されてますので、上で寝ようが下で寝ようがモニターの恩恵にはあずかれます。

ご安心を。

サイズ的にはiPadをちょっと横長にしたくらいでしょうか

壁付のリモコンもあるよ

SRT寝台モニター操作パネル

ベッドの逆サイドからも操作できるようにリモコン?(取り外し不可)が付いている

壁付のリモコン

主に電源のオン、オフと音量調節くらいのもの

一応、チャンネルも変えられるようになってはいる

イヤフォンジャックにUSB充電もできる!

★ ★ ★

では続いて、モニター本体を見ていきましょう。

 

モニターの各部

SRT寝台のモニター解説車両モニター画面(番号はナビ助によるもの)

モニター解説

右段:①車両ナンバー ②トレインナンバー ③行先駅の到着時刻 ④次の駅の到着時刻 ⑤現在の駅名 ⑥車両速度 ⑦気温(左が外、右が車両内) ⑧トイレ、シャワーの利用状況 ⑨電源ボタン ⑩食事のオーダーボタン

下段:⑪音量 ⑫フル画面 ⑬GPSによる地図 ⑭各種チャンネル ⑮出発駅 ⑯行先駅 ⑰前の駅 ⑱次の駅

さて、もうちょっと細かく見てみましょう↓

 




モニターで、現在の速度がどのくらい出ているかを知ることができる

モニターの右側部分

中央に「SPEED」という表示があるのがおわかりでしょう(モニター解説⑥部分)

そう、現在速度がわかるのです!

そして、この時は95㎞

この日は、一番早い時で100㎞くらいでしたね。

それも一瞬の話

だいたい80㎞前後で走っているようです。

日本の寝台列車も最高速度110㎞程度らしいし、(普段は90km程度で走ってる)タイ国鉄も、なかなか頑張ってるんじゃないですか!

トイレやシャワーの利用状況も知ることができます!

SRT寝台モニタートイレ状況トイレ、シャワーの利用状況

モニター右側部分の下には緑色の人間が座ったり立ったりしてますね。

立っているのが小便器(1室)

座っているのが洋式トイレ(2室)

そしてシャワーが現在空いているかどうかがわかるのです。

使っているときは色が変わるんですよ。

寝台のトイレは、どんなトイレなの?シャワーは?

SRT寝台の洋式トイレ綺麗な洋式トイレですよ!

ウォシュレットならぬ手動のシャワーをお尻にあてて洗います。

これは、タイでは一般的なスタイル

昔の寝台のトイレよりは各段に良くなりました

昔の寝台列車の設備についてはこちらを↓

タイ国鉄でノンカイへ行こう(2)トイレはどうなってるの編

SRT寝台小便器小便器

なかなかこじんまりとまとまってます

SRT寝台シャワーシャワーブース

タイ人は朝浴びる人が多いんですよ

ですので、夜なら混まないかも?

モニターで各駅の到着時刻や現在地を知れる

SRT寝台モニター画面モニター画面で到着時刻、発車時刻を表示できる

これは、リアルタイムで修正しているようです

列車が遅れれば全体的に遅くなった時刻が表示されます

 

SRT寝台モニター地図GPSで現在地を確認

列車がどの辺を走っているかがわかるのも楽しいですね

目的地が終着駅でない場合は、あと何駅かが分かるので助かります

実は、食堂車に行かなくても注文可能なのだ

SRT寝台モニター食堂モニター画面で注文OK

モニター右下の食事のオーダーボタン(モニター解説⑩のボタン)を押すと様々なメニューが表示されます

注文したい品を「Select」してオーダーすると部屋まで持ってきてくれる

でも、ナビ助はせっかくなので食堂車へ赴きましたが・・・

その辺の様子は次回にレポしまーす

(⌒∇⌒)

 

SRT寝台車のモニター設備【まとめ】

なかなかのモニター設備ですね。

でも、何か物足りなさが・・・・なに??

そう!

エンタメ要素が全くない!!!

乗るまでは、もしかすると映画やタイの紹介の番組などがあるのかと思っていたナビ助

だってCHが8つもあるよ

無駄に8つものCHがある状態で、どれを押しても変化が無いのだ・・・・

(;´д`)トホホ

これから作るのか?はてまた、この日だけ放映しなかったのか・・・

それは、分かりませんが。

まぁ、映画をやったとしてもタイ語だろうからつまんないけどね!(負け惜しみかっ)

という訳でモニターは、無いよりはマシですが、あくまでも実用面のみでエンタメ的なものは無かったのです。

これから乗る皆さんも期待しないように・・・

気を取り直して

いよいよ次回は、食堂車の特集ですぞ!

お楽しみに。

つづく!

 




-今のバンコク情報はここで
-,